草加の眼科医院 こば眼科

TOP

院長のコラム

気にしていますか 目の健康 若年層にも増えている「黄斑変性症」

たとえば車を運転中にセンターラインがゆがんで見える。両目で見るとゆがまないけれど、片目だとゆがむ。こんな症状はありませんか? もしかしたらそれは「黄斑変性症」かもしれません。
「加齢性黄斑変性症」とはその名の通り、加齢にしたがって50歳以上の患者数が多いですが、近年では加齢に関係なく若年層での患者も増えてきています。黄斑変性症は放っておくと失明にいたる病気です。物を見たときに視野の中心部が黒く欠けたりゆがんだりする、こんな症状を感じたら、すぐに眼科を受診しま しょう。
有害な紫外線、長時間のパソコン作業など、現代の生活のなかで目はますます酷使されています。また、加齢とともに様々な故障があらわれる器官でもあります から、視界に違和感を覚える、何となくいつもと違う、など、おや?っと思ったらまずは眼底検査を受けることをお勧めします。

ページ先頭へ戻る